読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

国内で完結する中古カメラ転売の稼ぎ方【オークション転売】

ちょっと前に転売の撮影して器具をそろえる際に、一眼レフを購入しました。自分は今まで転売では、ブランド品を主に扱っていて、カメラ転売に関しては全く手をつけたことがなかったのです。

しかし、調べてみると意外とやり方は同じでした。今回はその備忘録も兼ねて、カメラ転売の稼ぎ方をまとめておきたいと思います。

目次
カメラの機種を決める
稼ぐための具体的な方法



カメラの機種を決める
転売はある程度対象となる商品を決めますが、カメラ転売も例外ではありません。マニアックになるほど、あつかう機種もマニアックになります。やはり、初心者は初歩の知識だけで稼げるような、オールマイティな人気機種を決めることが無難です。



対象のカメラメーカー

人気機種の対象となるカメラメーカーは大体、下に挙げるメーカー。その中でもnicon、OLYMPUScanonは必ず、おさえておきたいところ。

OLYMPUS(オリンパス)
→オークションで、安値で手に入るが、取引額は他のメーカーより低めです。

sigma(シグマ)
→レフ系の機種の種類は少ない。値段はメジャーなのもので、5万~10万くらいが相場。知っておくと有利になるマニアックな部類のメーカーですね。

canon(キャノン)
→価格ドットコムによると人気機種の数ががniconに続いて多い。オークションで出回る数と多いので確実におさえておきたい

pentax(ペンタックス)
→他のメーカーと比べると取引相場は3万~8万と低めです。

panasonic(パナソニック)
→価格ドットコムには載ってないので、専門知識がより必要なメーカー。熟練でないと手をつけない方がいいでしょう。

・nicon(ニコン)
→価格ドットコムによると良品は5万~20万で取引されるかなりの人気メーカー

一眼レフ、ミラーレス系を狙う

カメラの機種にはデジタルカメラ、一眼レフ、ミラーレス、ビデオカメラなどかなりたくさんあった。

オークションやフリマを見てると、やはり一眼レフやミラーレス系が人気があるようです。取引相場が、高いほど利益が出しやすいので、初めて取り組むなら、「一眼レフ」と「ミラーレス」系のカメラを狙うのがいいと思います

詳細は価格ドットコムに詳しく載ってます
kakaku.com

カメラ転売に慣れてきたら、もっと商品の幅を広げるのもありです。マニアックになるほど、競合も減るので、売上アップに繋がりますからね

情報量が売り上げに直結する

カメラ転売に限らず、転売全般で”商品知識”や”相場”などの使える情報が多ければ多いほど、売上をコントロールできます。

例えば、相場を知ってれば仕入れるタイミングをコントロールできるし、商品知識があれば、「ハッセルブラッド」のようなマニアックな機種を取り扱うことも可能です。

カメラ転売で取り扱うメーカーや機種を決めたら、相場や商品知識などを徹底的に頭に入れることをオススメします

少なくとも

・相場価格
・商品知識(どの機種が売れやすいとか、高値になるポイント)

については、もっておいて損はないし、むしろ必須です。



稼ぐための具体的な方法

ここからは実際にカメラ転売で稼ぐ具体的な方法を紹介します。とはいっても、転売では稼ぐポイントはどのジャンルも、大して変わりません。ここで紹介するポイントは転売全般に通じると考えてもらってOK


カメラ転売の稼ぎ方

転売では「安く仕入れて、高く売る」ですが、基本カメラ転売では差別化が難しく、レッドオーシャンなので、稼ぎ方はほぼ決まってます。それは「安く出品されている掘り出し物をいち早く見つけ、仕入れる」こと。

主に楽天市場ヤフオク、たまにamazonなどで、定価より大分安い中古品が出品されています。それを他の転売ヤーよりも早く仕入れる、これがカメラ転売で稼ぐ方法として1番現実的。

数ある仕入先の掘り出し物を誰でも見つけられるわけではないので、頻繁にチェックしたりして、掘り出し物を狙うわけです。


仕入れ先

仕入先は先に書いた通り、ある程度決まっています。ブランド品と違い、メーカー物のカメラは独自の仕入れルートを作りにくいからです。

Amazon
Amazonはむしろ定価に近い価格で売れるので、売り先として利用することが多い。海外のAmazonなども利用できるので候補に挙げてみました。

ヤフオク等の各オークション
ヤフオクは俗に言う1円出品が多くされてます。出品数も膨大なために、目利きや商品知識があれば、掘り出し物も簡単に見つかります。何より意外な品が、意外な価格で落札されるのもヤフオクならでは。

楽天市場、メルカリ等のフリマ
→この2つは中古品が定価より大分、安い価格で出品されてます。とはいえ、カメラに限ってはそんなに安いわけではないので、ヤフオクより利用価値はないですね。



価格相場を調べる

相場価格を把握できると、利益の上げ方がわかるので必ずおさえることです。例えば、ヤフオクでの最低落札価格帯が分かれば、それより高く取引されている市場を狙えば即、利益が出ます。

・オークファン
→これはもう鉄板です。各オークションの情報がほぼすべて載ってます。より詳細な情報を知りたい場合は、オークファン会員になるのがオススメです。



Amazon

Amazonは売り先として利用することが多いので、「定価」を知る上で役に立ちます。Amazonよりも安い価格で仕入れることを目指して下さい。

・価格ドットコム
→こちらは各種メーカーの詳細な値段が唯一わかるサイト。カメラ機種は多いので、過去の履歴しか載ってないオークファンとかと比べると、正規の値段が機種ごとに正確にわかります。

売り方

一応、鉄板の売り方を挙げてみます。(ここに挙げるのはほんの一例で、まだ他にもたくさくあると思います)


・オークションで仕入れてAmazonで売る

・メルカリで仕入れてAmazonで売る

ヤフオク以外のオークションで仕入れてヤフオクで売る

・独自の仕入先から仕入れてオークションやAmazonで売る


ほとんどの売り先がAmazonに集中しています。その理由はAmazonは定価に近い価格で販売できるので、オークションよりも高値で売れやすいからです。

逆にオークションやフリマで売るとかなり高度なテクニックが必要だったりと、ギャンブル性が非常に高いため売り先には向いてないのです。

カメラ転売をするには、Amazonアカウントを取得してAmazonで販売しないと利益は出しにくいと思います。



カメラ転売の注意点

カメラ転売は専門外であまり詳しくないのですが知ってるだけ注意点を挙げておきます。


・仕入れるとき、”動作未確認”の品やジャンク品は仕入れない
→たいてい作動不良か動かない不良品なので、購入するだけ無駄です。

・商品の傷や細部を確認して、売るときに説明欄に記載しないとトラブルに繋がりやすい
→カメラは貴重品なので、ユーザーはかなり製品に神経質です。ちょっとしたミスで暴徒化するユーザーも多い。クレームはカメラ転売では特に多いと思った方がいい。

・売る商品については、専門家になるくらい熟知しておく。
→商品知識が必要なことは書きましたが、売る側が商品に関しては無知だと100%クレームに繋がります。「差別化」「クレーム回避」以外にも最低限、商品知識だけはしっかりと身につけた方がいいです

自分は転売やってますが、ブランド品を扱ってるので、正直、カメラ転売は面倒くさそうです。

先日も一眼レフの件で返品するはめになりましたが、稼ぎやすい分、それなりのデメリットも潜んでいることも忘れずに。

転売関連記事はこちら

trafalbad.hatenadiary.jp

広告を非表示にする