アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

動画・画像・Webコンテンツなどをチャット形式で保存・共有できるアプリ「spaces」を実際に使ってみた

動画や写真など、あらゆるコンテンツを大人数で共有できるアプリが登場しました。

その機能はLINEやスカイプとは違い、「コンテンツを共有して」チャット形式で話し合うことが可能です。

今回はそんなコンテンツを多人数で共有できる「spaces」の特徴についてまとめていきます。

目次
1.spacesの主な機能
2.コンテンツを共有して、チャット形式で会話できる
3.動画・写真、Webコンテンツなどほとんどを共有保存できる
4.まとめ: Spacesを使ってみてどうだったか

spacesの主な機能

まずspacesは始めにグループ名を決める。そしてそのグループ内で動画や写真、Web上のあらゆるコンテンツを共有し合います。自分は寂しいことに一緒に語り合う人がいなかったので、1人で使ってみました。


今回は前々から詳しく知りたかった、youtuberの”はじめしゃちょー”をタイトルにして、”しゃちょー”のコンテンツばっかを集めました。

まずグループ名はまんま「はじめしゃちょー」。このグループ名や後ろの背景写真、背景カラーは設定から変更できます。


そしてWeb上から動画・写真、コンテンツをグループ内で共有しました。こうなるとコレクションみたいになってますが、グループ名が”しゃちょー”のコンテンツで埋め尽くされてます。


もし一緒にいる人がいても、このように好きなコンテンツをグループ内で共有できるのがspacesです。



コンテンツを共有して、チャット形式で会話できる

今回は1人でやってますが、本来は大人数で共有し合うものです。そして何より、チャット形式で会話できる機能がついています。

せっかくチャット形式でLINEの様に語り合えるんだから、友達を誘ってみましょう

友達を誘える

まず、グループページの「招待」ボタンをクリックして、メールを選択します。
するとメールの画面をクリックすると、紹介文のメールが出てくるので、友達に招待メールを送れば招待完了です。


その他にもLINE、ツイッターFacebookなどでも友達を誘うことができます。友達が参加すれば、自動的にグループ内での活動が可能になります


チャット形式で語り合える

1つのコンテンツについてチャット形式で、招待した人とトークできます。


1人で使ってみたんですが、やはり相手がいないと全く使い物にならない機能でした。


動画・写真、Webコンテンツなどほとんどを共有保存できる

spacesでは動画・写真、Webコンテンツだけでなく音楽ファイルなどほとんどのファイルを共有できるようです。
ほとんどのケースはGoogleから検索してきたものをspaces内に共有するスタイルですが、スマホ内のデータもたいてい取り込めます。


iPhone内のファイルを「spaces」に保存可能にする方法

iPhoneからspacesにファイルやデータを共有するにはspacesをオンにする必要があります。

iPhoneでファイルをダウンロードするとき、ダウンロードボタンを押すと「どこに保存するか」を選択する場面があります。


そこで、「その他」を押して、spacesをオンにして下さい。これで、iPhoneからあらゆるデータ、ファイルをspacesに共有できるようになります。



まとめ: Spacesを使ってみてどうだったか

今回spacesは「普通のLINEやSkypeと同じだな」と思ったんですが、自分の好きな動画、写真、その他あらゆるコンテンツを共有して、1つの”コンテンツ集”を作れてしまう点が新鮮でした。

この点を踏まえて使ってみた感想を書いてみます。



1人で使うと”コンテンツ集”を作れる

正直、1人で使うのは本来の目的と違くて「使えない」と思っていたのですが、今回の”はじめしゃちょーグループ”のように専用のコンテンツ集(まあ、いわばコレクションですね)が作れてしまうのがとても便利だったです。

自分の好きな人、キャラ、モノ、そんな自分だけのお気に入りコンテンツコレクションを作れるのが魅力的でした。

Evernoteとかでもできるんじゃね?」と言われそうですが

Googleなどあらゆるところからspacesにコンテンツを共有できる
など、spacesにしかない独特の機能が結構あるんですね。

使ってみればより実感できますが、自分だけのコンテンツ集を作る使い方は本当にオススメです。



普通のチャットには無い「コンテンツ共有機能」が魅力だった

SkypeやLINEってコンテンツを共有できますが、重いし、だんだんコンテンツ自体がトーク履歴とともに消えていきます。

しかしSpacesではコンテンツは永久に残り、チャットはサブみたいな感じなんです。あくまで、コンテンツ共有がメインでチャットは二の次の機能。

なので、ある意味ファンクラブみたいに残しておきたいコンテンツは時が経ってても消えることはありません。


友達との共有したコンテンツ、会話は半永久的にSpacesに残ります。そんなコンテンツ重視で友達と語れる点がSpacesならではの特徴でした。



Spaces - 小グループでの共有

Spaces - 小グループでの共有

開発元:Google, Inc.
無料

posted with アプリーチ

広告を非表示にする