アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

時間給のバイトより、経験のためのバイトをして「ランサーズ」で稼ぐ:収入アップ計画

大学時代でも、社会人でも臨時の収入としてアルバイトを経験することは多い。ほとんどの人は時間給のバイトをやることが多いだろう。しかし、将来的に稼ぎたいのであれば、スキルが身につくバイトをしよう。

そして、そのスキルを活かして副業サイト「ランサーズ」のようなサイトで稼ぐことを計画した方がいい。その方が絶対、時間的にも自由になるし、少なくとも仕事が好きになる。

今回はアルバイトをするなら時間給より、スキルが身につくバイトをして、ランサーズのような副業サイトで稼げるようにしようという”収入アップ計画”について紹介する。

目次
1.「底辺アルバイト」とは
2.スキルの身につくバイトをしよう
3.スキルを身につけるとランサーズで稼げる件について
4.まとめ:ランサーズで稼ぐことを目標にアルバイトでスキルを身につける


1.「底辺アルバイト」とは

「底辺アルバイト」とはいろいろある。ここでは仕事をする上で「何のスキルも身に付かないアルバイト」が当てはまる。自分は第一回目のバイトはスーパーのバイトだ。商品の品出し、袋詰め、棚卸し。振り返ってみると誰でもできる。しかもやっていて、将来的になんのメリットも生み出せない。

・誰でもできる

・やっていて将来的に何のメリットもない

・スキルが身に付かない

・時間を売ってお金をもらう時間給バイ

・ブラック等々

このような少なくとも上の項目の3つが当てはまるバイトは「底辺アルバイト」といえる。

やってる人には「余計なお世話だ」と言われるかもしれないが、長くそういったバイトをやっていて、将来的に後悔するのはやってる本人であることは間違いない。


底辺バイトを避けるべき理由

まず底辺バイトをやっていて将来的に発生するデメリットは「出来る仕事の範囲が狭くなること」だ。日本は年齢とともに出来る仕事に制約がかけるれる。

”50歳以上でもOK”のバイトはほとんど気の進まないものばかりだ。むしろお世辞抜きで言ってしまうと”クソバイト”しかない。人生50年生きているのに、割に合わない仕事をやるはめになる。これが底辺アルバイトを避ける理由だ。




2.スキルの身につくバイトをしよう

しかしアルバイトは生活費のためにやらなければならないことも多い。そこで、この「アルバイト」で、将来的に利益を生む方法が問題になってくる。単に漠然とバイトしていてはその問題は解決できない。


そのためには
・もっと高給の仕事につながるスキル(技術)を身につけられるアルバイトをすること
で解決できる。

自分はスーパーのバイトがクソだったので、動画編集のアルバイトに変えた。動画編集のバイトなら将来的にたくさんの仕事に役立つスキルだ。

ランサーズというクラウドソーシングサイトはもちろん、副業として動画作成を請け負うケースは多々ある。こういった可能性を見越して、動画編集のスキルが身につくバイトを選択した。
そして何かとこういったスキルのいる仕事はホワイトな面もある。

将来的に何の仕事をするか決めることは簡単ではないし、迷うことだろう。しかし何のスキルも身に付かない「底辺バイト」をするくらいなら、将来的に役立つスキルを身につくバイトをしよう。

スキルが身につくということは「お金を稼ぐ力」であり、一応、資本主義の日本では「力」でもある。

スキルがあれば、この国ではかなり自由になることも確かだ。将来的な仕事以外にも、スキルを身につけるとことで、役立つことは計り知れない。バイトをするなら、是非スキルを身につけるバイトをすることをオススメする。



3.スキルを身につけるとランサーズで稼げる件について

スキルを身につけるとネット上の副業サイトで稼ぐことができる。その方法はたくさんあるが、アルバイトのスキルを最も効率よく利用できるのは”クラウドソーシングサイト”と呼ばれる副業サイトだ。

ここではその1つ「ランサーズ」で稼ぐことを考えよう。


「ランサーズ」で稼ぐことを目標にしよう

「ランサーズ」とはクラウドソーシングサイトと呼ばれる副業サイトの代表的な存在だ。

ランサーズは、仕事を依頼したい企業と仕事を受注したい個人をつなぐオンラインマッチングサイトです。全141カテゴリの仕事が依頼でき、仕事の依頼・提案から、進行・納品・支払までをすべてオンライン上で完結。
「ランサーズ」より

ランサーズで稼げる人は少ないように思える。実際、自分も利用したとき、「ライティング」という分野で稼いでいたが、大きく稼ぐことはできなかった。

それは「ライティング」という分野は文章を書くことなので、誰でも簡単に参入できる点や、単価が異常に安いブラック案件が多いことにある。

ランサーズでは141のカテゴリがあるわけで、その中から次の2点を満たしているカテゴリを選べば副業レベル(月10万円程度)で稼げる

・スキルが必要で他人が簡単に参入できない仕事かできる

・仕事の一案件あたりの単価が比較的高いこと

これを満たしていれば、ランサーズでは問題なくいけると思う。
この稼ぐカテゴリさえ決めてしまえば、あとはアルバイトで何のスキルを身につけべきかはっきりするはずだ。


スキルがあれば将来的に長く稼げる

統計データでは「クラウドソーシングサイトで月収20万円稼げる人」は111人にとどまっている。

しかしここで悲観的に見てはいけない。こんなに過小評価されている理由は

・特別なスキルを持たない人が多い
もしくは
クラウドソーシングサイトを「本業」にしている人

を対象に「稼げていない」と謳っているだけだ。つまり
・副業レベル(月10万円程度)で稼ぐ
・普通の人が簡単に持っていないスキルがある

場合には、ランサーズでは月に10万円は十分に稼げるし、クラウドソーシングサイトの利用価値は十分にある。


現にランサーズの案件を計算してみると、動画編集やデザイン系のスキルでも、月の生活費くらいは稼ぐことができる計算になる。


動画編集やデザイン系のスキルであれば、アルバイトで結構簡単に見つかる。未経験OKのところに飛び込んでスキルを身につけ、ランサーズで稼ぐようになることは決して難しいことではない。

他にも英語系や写真加工など、ランサーズのカテゴリに合うスキルを持っていれば、人並み以上に稼ぐことは十分可能だ。



4.まとめ:ランサーズで稼ぐことを目標にアルバイトでスキルを身につける

ここまで長く書いてきたが、まとめるとランサーズを使ったネット副業で人並みに稼げるようなスキルをアルバイトで身につける計画を立てようということだ。


アルバイトは場所に縛られるし、わずらわしい人間関係もある。何より、ただ漠然とアルバイトをしているだけだと最終的に不幸になる。
しかし生活費等でアルバイトはやる必要があることが多い。

そんなことなら、ネット副業で稼ぐことを視野に入れて、スキルを身につけるアルバイトをすれば、最終的にアルバイトを止めることもできるし、人生において最悪の選択肢を歩むことも無くなる。
ネット副業ができれば、生活面、働き方の面でかなり自由になる。パソコン一台で仕事ができるというメリットは計り知れない。


生活面で自由になる以外に、お金以外の幸せを得ることも少なくない。ここら辺は人にもよるので、実現したときに実感できるはずだ。


今回はランサーズというネット副業で稼ぐことを視野にいれてアルバイトをしようということについて書いた。スキルがあれば、会社で働くということが当たり前ではなくなるし、そのメリットは限りなくでかい。アルバイトにかぎらず、是非こうした視点を持って仕事をしてみることをオススメする。

広告を非表示にする