アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

無理して結婚しなくてもいい生き方-独身でも自由に生きる人生について考えてみる

最近は結婚する人たちを周りでかなり見かけるのに伴い、自分もしなければならないという強迫観念に襲われる。しかし、実際のところ最近では「結婚しなくてもいい」という考えの人も多いので、自分も縛られたくないため、なるべく無理して結婚はしたくない。

そこで結婚しなくても人生を楽しみ、自由に生きていくための方法について、個人的にとても参考になることをまとめていきたい。

目次
・「したくない結婚」はしない方がいい
・結婚しなくても自由な人生を送るために

f:id:trafalbad:20170618011003j:plain


「したくない結婚」はしない方がいい

日本にはまだ昭和の考えが根付いてて、「結婚しないとヤバイよ」という強迫観念がどよめいている。しかし最近では自由な人生を選択するために「結婚」はマストではなくなった

自分は「したくない結婚」はしない方がいいという考えだ。ニュートラルな意見を述べると理由は2つある。



独身はとにかく自由
まず理由の1つは独身生活の利点だ。というのも、「行動や生き方が自由」だからだ。他にも統計データでは、「金銭面で自由」「子供を扶養する責任がなくてラク」「友人関係を保ちやすい」という意見もある。


昔から一人の時間を大切にする方だったし、人間関係も量より質を重視してきた。むしろ1人が好きな人には、無理して結婚することは、QOLを下げることになる。

無理にでも結婚しないと”ヤバイ”という考えに囚われる人は注意が必要だ。というのも自分は、人間において「思考の停止」は死と同義だと考えるからだ。

古い考えに囚われてつまらなくなると、人生自体も終わっていく時代にすでになっている。つまらない人間は人生もつまらない。イヤイヤ結婚して束縛されるなら、いつまでも自由で好奇心を持ち続け、楽しい人生を送っていたいのだ。こう考える人も確実に増えている



結婚という強迫観念が古い
2つめの理由は結婚しなければいけないというのが一種の脅迫観念で、「結婚するのがステータス」な考え方がすでに”クソ”だと思っているため。またそういう人たちが多数いるのも事実だ。

最近では結婚系の記事がを目にすることが多いが、中には「好きでもない人と結婚する人たち」もいるのだ。

現代でも、結婚の理由は親のため、世俗のため、孤独回避のため、子供を持つことに幸せにを感じるため、など人それぞれだが、強迫観念に囚われて結婚するのは、クソ以外の何者でもない

結婚が全てではないし、結婚のあるべき形とは”お互いが望んでするもの”がベストと考えるからだ。

年頃になると結婚について嫌でも考えてしまうが、むしろ結婚は「したくてするもの」で、結婚しなくてもいい選択肢を用意しておくことも絶対に必要だろう



結婚しなくても自由な人生を送るために
結婚という強迫観念は簡単に拭えるものではない。しかし、自由に生きている人たちも絶対数いることを確認した上で、その強迫観念を拭える一助になれたらと思う。


結婚しなくても人生を楽しむ人たち

Twitter

つい最近、Twitterでさわぐちけいすけさんのツイートが話題になっていた。フリーで絵の仕事を始めてから、いろんな人生観に触れている様子を漫画にしている。


このツイートを見てみると

・仕事が楽しくて定年まで結婚しなかった人

・常に人生を楽しんでて結婚は考えない人

・今を大事にして結婚にエネルギーをさくのを避ける人

など、いろんな生き方をしている人たちがいることがわかる。

f:id:trafalbad:20170618011334j:plain



発言小町



同じように発言小町でもこんなコメントがあった。


必死に友達に年賀状や近況報告メール等出して「縁」を繋ぎとめて置く事に精を出しました。彼氏も作ろうとしました。でも好きな人がいる訳でもないのに漠然と彼氏って思っても、自分の気が乗らずダメでした。
ある時「やっぱり自分が自立した人間にならないと始まらない」と思いました。トピ主さんの行きついた所と似てます。

必要とされたいから人と付き合うのではなく、自分で自分の人生を楽しんでいれば自然とその喜びを誰かと共有したいと思うようになります。そうすると、繋ぎ止めの目的ではなく心から友達と遊べるようになりました。
自立さえできれば、結婚しない人生どころかどんな人生が来ても対応できるようになると思うんです。
一部略-引用「結婚しない人生を送る覚悟が欲しい : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



結婚しなくても自由に生きるためには、縁を繋ぎとめようとしたり、無理して人間関係を維持しようとはしないこと。

自分も心底、人生を楽しみ、それを一緒に楽しめる人と共有したり、楽しみあったりすことを目指す生き方。それさえできれば結婚しなくても、十分楽しい人生を送ることができる。

互いの人生を一緒に楽しめるパートナーが見つかれば、結婚したり、同棲したり共に人生を送ればいいだろう。むしろ結婚というステレオタイプは崩壊しているのがわかると思う。

もっと多面的な生き方を、考え方を持った方が人は幸せになれる。

ラフな考え方を持ち、より身軽になるために、こういう人たちが必ずいることを忘れないでおきたい

f:id:trafalbad:20170618011145j:plain



アルバイト先の年配女性に聞いた体験談まとめ


ここで結婚に関して、アルバイトをしていたとき年配の女性の方から、とても参考になる話を聞いたので、簡単にまとめておこうと思う。

「結婚で理想なのはお互いにしばりあわない関係。大概のことなら何をしても互いに常に自由で、かつずっと一緒にいられる関係が一番」

つまり、結婚するパートナーでも、結婚するからといって相手の人生を束縛しない。そしてお互い一緒にいて苦にならない人生関係が理想だということらしい。

友達関係でも依存しすぎのかまってちゃんは嫌われる傾向があるが、結婚という形態でもそれは同じなのだろう。

一個人の人生を束縛せず、かつ一緒にいて楽しい人がいれば、その人は絶対のパートナーになるのではないだろうか。
あらゆる人間関係に当てはまる理想的な関係だと思う。年配の女性に聞いた体験談だが、かなり参考になったので、まとめておいた。




年頃になると結婚はどうしても意識してしまう。しかし「結婚したくないならしない人生も十分にありなんだ」ということを悟ってもらえたら幸いだ。自分へのメッセージとしてもこの記事をまとめておいた。

広告を非表示にする