アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

医薬翻訳で使える英文フレーズ18選-英訳・日英翻訳例文集

日英翻訳(英訳)は英借文とも呼ばれるように、どれだけ良質の英文を覚えてるかが重要になる。特に医薬翻訳のような定式的な文章には、借文の効果はかなり高い。
参考書の英文もいいが、今回は市販では出回ってない翻訳試験の”TQE”と、翻訳学校のテキストの中から「日英翻訳に使える秀逸な表現」が載ってる良質な英文をまとめていく。

英訳する際の表現の幅を広げるのに使えるはずだ。

f:id:trafalbad:20170703143530j:plain


前置詞形から始める文章

1

For effective treatment of chronic pain in cancer patients with analgesics, physicians must follow the basic principles shown in Table 4

がん患者の持続性の痛みを鎮痛薬によって効果的に治療するには、表4に示す基本原則を守らなければならない


文頭を前置詞から初めて、主文を後につなげる表現。主語を節約できるので、極めて効果的だ。forだけでなく、現在進行系、withなど、文頭で使える前置詞は多い。こうした文頭を前置詞から始める表現はかなり使えるので、ぜひ覚えておきたい。




命令文から始まる文

2

Ensure that measures to prevent the adverse effects caused by analgesics are put in place

鎮痛薬の副作用に対する防止策を確実に実施する

よく、マニュアルなどでは「〜する」と主語なしの文章があるが、こういうときは命令文を使う。また主語がない事実の伝達にも命令文は使えるので覚えておきたい。




非制限用法の有効活用

3

Aspirin and other NSAIDs have a peripheral analgesic effect by suppressing the biosynthesis of prostaglandins (PGs), which are pain-inducing substances produced at sites of tissue damage caused by disease or injury

疾患や外傷などによって組織損傷を受けた局所に発痛物質のプロスタグランディン(PG)が生産されるので、アスピリンや非ステロイド性抗炎症鎮痛薬がPGの生合成を抑制することにより、末梢受容レベルでの鎮痛作用を示す



これは「PG」に上手く関係代名詞の非制限用法を用いてある例。

日本語で表現すると長くなってしまう文も関係代名詞(非制限用法)で上手くまとめてあるのポイントに注目したい。よく咀嚼して訳すテクニックを盗もう。



接続詞を上手く用いた文

4

Patients generally like this method because it does not cause excessive sweating while providing a stable analgesic effect

この方法も、発汗が少なく、鎮痛効果が安定しているので、患者に好評である



文中の「この方法」は前文で命令形等で具体的に示すのが普通だ。この文ではbecauseやwhileなど、接続詞をとても上手く使って、表現している。

接続詞として使われるものは限られている。医薬分野では参考書などで体型的にまとまっているので、まとめて知っておきたい。


上手く事実系列で情報を伝達してる文

5

When metabolized in the body, 10% of codeine phosphate is converted into morphine, thereby producing its analgesic effects

体内で代謝され1/10がモルヒネとなり、効果を発揮する


「Aのあと、BしてCになる」という風に、A→B→Cと物事が順番に起こっている文を「時時系列文」というが、この文章はその表現がとてもそれが上手い。

この文の他にもAfter A, B, C and D (A〜Dは主語動詞を含む文)のように使う例もある(後述)。


日本文の1文を英語では2文で表現した例

6

At a dose of 30 mg, oral codeine has an analgesic effect almost equivalent to that of 650 mg of aspirin. The combination of the two medications produces an analgesic effect equal to or greater than 60 mg of codeine

経口コデイン30mgはアスピリン650mgとほぼ同等の鎮痛効果があり、両者を併用すると、その鎮痛効果はコデイン60mgと同等ないしそれ以上となる


この文章では、日本語では1文だが、英語では上手く2文で表現している。

日本語で長い文章を英語では、句読点で区切り、2文で書くことも多いので覚えておきたい。


共通項を上手く使った文章

7

Buprenorphine should generally be administered via the rectum to adult patients at a dose of 0.4 mg in postoperative use and at a dose of either 0.2 mg or 0.4 mg for treatment of a variety of cancers

通常、成人には、術後使用においてはブプレノルフィンとして1回0.4mg、各種がんにおいてはブプレノルフィンとして1回0.2mgまた0.4mgを直腸内に投与する


・「『通常、成人には、術後使用においては』、『を直腸内に投与する』」の部分を共通項
・その間の表現をandで繋げる部分
に分けて、上手く表現している。

この文のように「共通項の部分」と、「andで繋げる部分」を上手く分けて表現している英文は借文にもってこいだ。


「the fact that〜」を使った文章

8

The fact that the average number of reported cases per month is consistently about 50 suggests that the situation cannot be ignored in clinical practice

毎月平均50件前後が恒常的に報告されており、臨床現場で無視できない状況となっている事が示唆される

「SVであることはVである」という風に、「主語動詞を含んだ文章を主語にする」表現は珍しくない。

この文はそれを「the fact that〜」で上手くまとめている。



時時系列で情報を伝達している文その2

9

After a β(beta-)lactam antibiotic has attached to the penicillin-binding protein, the transpeptidation reaction is inhibited, peptidoglycan synthesis is blocked, and the cell dies

Bラクタム薬がペニシリン結合タンパク質に結合すると、ペプチド転移反応が阻害され、ペプチドグリカンの合成が阻害されて菌体が死滅する

こちらは、5と同じように時時系列の表現がとても上手い文だ。

事実系列の表現方法はたくさんあるが、5と9で紹介した2つはかなりよく使うので、紹介した。


無生物主語

10

This drug is generally well tolerated

本剤は一般に忍容性が良好である


医薬翻訳の無生物主語の文で、よく見かける表現。無生物主語は英語特有の表現なので、何を主語にして、動詞に何を使うかをよく考えなければならない。この文ではそれがよくわかる。
この文章は「本剤」を主語にして、「良好である」を動詞にした例。




減少値表現

11

The intravenous injection of the drug decreased the patient's urine specific gravity by 0.013 to 1.011

薬剤の静脈注射によって、患者の尿比重は0.013低下し、1.011となった


「0.013低下し、1.011となった」をby, toで上手く表現した文。このように表現が英語特有のものも多いので、見かけたら定期的にストックしておきたい。




分詞構文

12

The results of urinary protein examination indicated 3+ in the acute nephritis patients, compared with negative in the healthy humans

尿検査の結果、急性腎炎患者の蛋白は3+であったのに対し、健常人では陰性であった



分詞構文は接続詞を用いず、かつ主語を省略できるので、簡潔な文章を書きたいときは必須だ。この文章は平易ながら、分詞構文が使われているので参考にしたい。


形容詞、動詞を4つ使った連続文

13

Myocardial infarction results from occlusion or sudden blood flow decrease in the coronary artery

心筋梗塞の原因は、冠状動脈の閉塞または急激な血流減少である


「急激な血流減少」を「sudden blood flow decrease」と上手く表現している。

形容詞と動詞を並べる表現は多いが、この文は4つの単語を上手くひとまとめにしている。是非英訳の際に真似したい表現。



関係代名詞の代わりにカンマ挿入の修飾文

14

Coronary heart disease, frequently accompanied by hypertension, is responsible in more than 50 percent of cases

冠動脈性心疾患は高血圧を伴っていることが多く、50%以上の症例の原因となっている

普通なら関係代名詞を使うところだが、主語「Coronary heart disease」の後で上手くカンマで挟んで修飾している。

関係代名詞を用いる代わりに、「カンマを挟んで名詞を修飾する表現」は英訳では欠かせない。



関係代名詞を上手く使った例

15

Like enterococci that do not produce penicillinase, E.faecalis strains that produce penicillinase are not susceptible to antistaphylococcal penicillins

ペニシリナーゼを産生しない腸球菌と同様、ペニシリナーゼを産生するE.faecalis株は抗ブドウ球菌ペニシリンには感受性を示さない


これは文中に関係代名詞を2つ用いている文。関係代名詞は多用すると混乱を招くので、使うなら1文につき2つに留めておきたい。



resulting in、などの、また、等の頻出表現を用いた文

16

The covalent alkylation of DNA is mutagenic and carcinogenic, resulting in long-term serious complications including detrimental effects on spermatogenesis and oogenesis, as well as predisposing to the development of secondary leukemias

DNAの共有結合形成によるアルキル化は突然変異誘発性·発癌性であり、精子形成や卵子形成を障害するなど長期にわたる重篤な合併症を誘発し、また、二次性白血病を易発症する


文章の途中で「resulting in、including、as well as」の表現に注目してほしい。

これらは文章をつなげる上でかなり頻繁に使われる。特にresulting inは結果を表す際に接続詞の代わりに使えるので、覚えておくだけで表現の幅が大きく変わる。

文章で便利な接続表現があったら是非ストックしておこう。


toで時時系列を表現した文

17

Gene therapy is essentially the transfer of nucleic acids (DNA, RNA) into target cells to correct or disrupt a pathologie process

遺伝子治療は、本質的に、核酸(DNA, RNA)を標的細胞に導入して、疾患のプロセスを修正または阻害することである



翻訳の泉でも紹介されているが、toは「〜するため」だけではなく、「〜して、〜した」という風に時系列の表現に使われる。

ここでは「導入して〜阻害すること」といった時系列の表現に使われている。英訳の際には覚えておくとかなり便利。



コロンを用いた事実列挙

18

To date, three separate strategies have been pursued: replacement and knockout gene therapy, suicide gene therapy, and immunomodulatory gene therapy

現在のところ、置換およびノックアウト遺伝子治療、自殺遺伝子治療、免疫調節遺伝子治療の3つの戦略が進められている


コロン(:)は事例を列挙する際によく使われる。ここでは「3つの戦略」が上手くコロンの後に並んでいるのがわかると思う。

コロンは使い方を覚えてるかおくとかなり便利だ。医薬翻訳ではカッコ()やセミコロン(;)とともに多用される表現なので、是非覚えておきたい。



今回はTQEや翻訳学校のテキストから英訳で頻繁に使われる表現を載せた良質の英文を選んだ。英訳では例文を覚えておくだけで、スピードも表現の幅も全然違うので、是非借文用の英文をストックしておきたい。

医薬翻訳の必要な英文表現は下記の本にかなり詳しく書いてあるので、興味のある方は是非手にとってほしい

広告を非表示にする