アプリとサービスのすすめ

アプリやIT系のサービスを中心に書いていきます。たまに副業やビジネス関係の情報なども気ままにつづります

一週間7000円以内で安い食材を使った飽きがこない節約メニューまとめ【一人暮らし用食材】

今、将来のインフラスキルを身につけるため修行中で、結構収入が限られているため、節約生活をしています。そこで安くて、旨い、かつ飽きがこないという内容で、7000円以内で済む一週間のメニューをまとめておきます。
約1年半かけて思考錯誤したメニューなので、妄想上のメニューではないため、効果のほどは個人的に確認済みです。

目次
・今回のメニュー配分の特徴
・一週間分の食料一覧
・一週間分の献立とメニュー解説

f:id:trafalbad:20170928210859j:plain


今回のメニュー配分の特徴

今、ノマドライフという生活を送りたいので、インフラとなるスキルを得るためにフリーランスをしながら働いてます。

しかし、息抜きは必要で、趣味とかでお金が結構飛ぶ。そういうわけでどうしても出費を抑えなければならない。あと数ヶ月でこの生活も目処がつくんですが、約1年半かけて実行してきた「なるべく安く、旨く、しかも飽きがこないメニュー」というのを記録として残しておこうと思ったわけです。




「多分、安いメニューは思いつく。けど、毎回同じ食材だと飽きがくるから、外食は増えるから結局意味ない」

なんてことありませんか?自分もその泥沼に陥ったので、なるべく「安く、飽きがこない食材」で一週間分のメニューを思考錯誤して作ってきました。

総額にして約7000円。一週間で28000円なわけで、食費としては十分節約と呼べる範囲内だと思います。

もちろんたまには発散として外食に行きます。が、それは人と遊んだり、贅沢をするときに限定してます。平日はなるべく今回紹介するメニューを品を変えて食べ続けてきました。

今回紹介するのはあくまでそういった類のメニューの1つとして、参考にしてもらえたらと思います。スーパーを回って安い食材で、旨いメニューを考えるといろいろ思いつくし、面白い。





一週間分の食料一覧


米(13合)あきたこまち×1 1000円
パン8枚入り×5 80×5=400円
×3 140円×3=420円
肉(一食分)×1 298円
卵6こ入り×1 150円
チャーハンの素×1 110円
おかずになる缶詰×4 130×4=520円
野菜-チップレタス×2 70×2=140
野菜-100円サラダ×2 200円
ソーセージ×4 228×4=612円
カップ麺(一平ちゃん大盛り)×1 200円
炊き込みご飯の素×2 245×2=490円
スライスチーズ×1 262円
おかず用惣菜×8 70×8=560円
キャノーラのサラダ油×1 394円
ヨーグルト×1 140円

合計総額(税込) 約6300円

価格参考サイト→ヤフーショッピング

醤油、ソース、マヨネーズ等の調味料は1ヶ月以上長持ちするので、ここではすでに買ってあるものとしてカウントしてません。だいたいの食料は、ヤフーショッピングで手に入るもの、地元のスーパーなら手に入るものを選んであります。


ここでメインの主食としてるのは
・米
・パン

の2つです。

f:id:trafalbad:20170928210941j:plain


米はおかずメインで食べ、パンはチーズやウインナー、惣菜なんかを挟んで食べます。

一週間で考えると
米→5日
パン→2日

です。もちろんあくまで配分は自分の好みで変えます。この2つはまとめ買いしておくと安いので、メニューのメイン(主食)として食べるのがお腹を満たし、かつ食費を節約するポイント。主食が決まってると、無駄にいろいろ買わなくて済みます。




一週間分の献立とメニュー解説

それでは上のメニューをもとに一週間分のメニューを作ってみます。わかりにくいところは解説いれてます。


1日目 主食-米
朝 ソーセージ ヨーグルト
昼 缶詰
夜 魚 野菜

→主食は米なんでもちろん米は炊きます。ソーセージでもチーズ入りソーセージとか、トッピングでマヨネーズをかけるだけでも充分美味しい。缶詰は単体でもおかずになるものを買って下さい。

おかずのトッピングとしてマヨネーズや醤油などの調味料はあると、グッとバリエーションが広がります。野菜は健康のために入れてあります。



2日目 主食-米(炊き込みの具使用)
朝 ソーセージ
昼 カップ麺
夜 魚 野菜

→この日は、炊き込みの素を使ってお米を炊きます。食がすすむし、米ばかりだと飽きがくると仮定して、昼はカップ麺にしました。魚はもちろん焼きますので、加熱用の魚です。



3日目 主食-米
朝 ソーセージ
昼 惣菜
夜 チャーハン(卵使用) 缶詰

→チャーハンの素を使うので、卵を使います。惣菜は単品でも充分おかずになります。



4日目 主食-パン
朝 卵(目玉焼き)
昼 ソーセージ チーズ
夜 惣菜 ハム

→主食はパン。基本的にパンに挟んで食べます。チーズはパンに挟んで使う。チーズは貴重なので、あまり無駄つかいしないことがポイント。朝のメニューの目玉焼きは卵を焼いて作り、パンに挟み、サルサソースなんかをぶっかけて食べます。




5日目 主食-パン
朝 卵(目玉焼き)
昼 ソーセージ
夜 チーズ 惣菜

→これも4日目と同じですね。




6日目 主食-米(炊き込みの具使用)
朝 ソーセージ
昼 缶詰
夜 肉 野菜

→2日目と同じで炊き込みの素を使ってます。夜のメニューの肉はパックに入ってるものを買いますので、油で焼いて調理。調味料はお好みで。




7日目 主食-米
朝 缶詰
昼 ソーセージ
夜 チャーハン(卵使用) 野菜

→これも3日目と同じです。

食材の価格参考サイトはヤフーショッピングですが、米やその他の食材の相場は、高級なものでなければほぼ同じ。なので、他の店で代用可です。




飽きがこない工夫

同じ料金内であれば、飽きがこない工夫はできます。例えば


・主食をパスタにする
・トッピングをから揚げとか冷凍食品などにする
・かける調味料の種類を増やす

要は考えよう。個人的に凝ったのは「主食をメニューのメインに置いてる」ところですね。


主食を決めずにいると、腹が満ちるまで手当たり次第買ってしまう傾向があるので、メニューの主食を決めておくとだいぶ安くなります。あと繰り返しですが、サブのメニューは工夫次第。

あと食材は基本買いだめです。一週間分買っておくと食費の管理がしやすいと思います。


今回は少ない出費で、飽きがこない、長続きするメニューを紹介しました。ずっとこんな生活が続くのは嫌ですが、スキルとかを得る修行?期間はどうしても出費を抑える必要があります(というか普段から抑えるべきですが)。今回はその一端として安く済むメニューを紹介しました。